Recto|Verso

Le mode recto verso is an idiomatic expression in French that means "two things are basically the same, or that they are different but closely related"

神の音

 今回も長いよ。 
f:id:amer_sucre:20130512003748j:plain

2013年にKRAFTWERKのコンサートが9年ぶりに日本で行われています。 
先行予約で購入できた2公演分をずっと楽しみにしていました。
でも、やっぱりどうしても見たい...先行予約でもすぐに売り切れになってしまった

THE MAN MACHINE.

当日券売ってないだろうな
でも赤坂近いから散歩ついでに雰囲気を味わってこようかな
なんて思ってたら、Twitterで当日券販売の情報が!!!Wirklich!?
思わず忘れかけたドイツ語が出てきてしまうくらい驚いたので速攻家をでました。

当日券に並んでいる方は3名、グッズに並んでいる方はすでに50名(!
信仰心の厚い方々が沢山いらっしゃいました。バッグを購入したい方は午前中から並ばないとだめなのかも...

無事に当日券を購入できました。ウドーさんありがとう。これで参拝できるよっ

f:id:amer_sucre:20130512004251j:plain

16時開場で、沢山の人が集まっていました。
全体的に赤とか黒とか青とかな服を着た人が多かった!
昔のTシャツを着てきてる人とかもいて、気合いはいってる感じでした。
みんなすごいうれしそうだった。

緞帳にはいつものグラフィックが浮かび上がっています。
今回は3−Dコンサートということでメガネを渡されます。
また、通常のコンサートと違うのは、8枚のアルバムの楽曲をテーマに毎回選曲が微妙に違うということです。
スマートフォンでの写真撮影はOKということで撮影した写真を掲載しています)

f:id:amer_sucre:20130512004318j:plain
 
そして、参拝...もとい
開演。

イントロのTHE〜で声援と拍手。
1曲目は THE MAN MACHINE
初めて見たときに感じた衝撃をまだ覚えてるくらい
VJが凄かった。
今はDJが後ろでVJ流すのは当たり前だけど、当時は凄いなって思った。

f:id:amer_sucre:20130512004340j:plain
 
後半。
AUTOBAHN,RADIOACTIVITY,TRANS-EUROPE EXPRESS
と定番曲が続きます。
RADIOACTIVITYは日本語歌詞で歌っていました。
5/12 追記:RADIOACTIVITYの日本語版歌詞は日本でだけ歌っていた訳ではなく、
ロンドンのTATE MODERNでも日本語版で歌われてたのですね。
(神の深い怒りと悲しみを感じました…思わず泣きそうになってしまった)
TEEはライブ向きの曲だと思います。
というか今回かなり重低音がゴリゴリいうようなアレンジをしていて身体が勝手に動きました。
 
そして、
NUMBERS
からの
この業界に入った理由の半分はこの曲です。
というのは嘘です。
でもこの曲を聴きながら作業するとすごく集中できるのでおすすめです。
 
 
f:id:amer_sucre:20130512004412j:plain
 
そして
一番好きな曲
COMPUTER LOVE
 
原曲もComputerliebeもTHE MIXバージョンも好きだけど
今回のもすごくすごく素敵だった〜
この曲はCOLDPLAYTALKという曲でサンプリングとして使われています。

 
f:id:amer_sucre:20130512004429j:plain
 
TOUR DE FRANCE は1983と2003の両方。
繋ぎの部分がかっこ良かったです。
 
今回とても嬉しかったのはEXPO2000(PLANET OF VISION)を演奏してくれたこと。このアレンジも凄い良かった〜クラブでかかってたら普通に踊れるよ。
 
 
f:id:amer_sucre:20130512004448j:plain
一番綺麗に撮れたHerr Ralf Hütter.
 
楽しい時間はあっという間ですね。
でも、正直また日本に来てくれるとは思っていなかったから
今回とても嬉しかったです。

大学生の時に初めて「THE MIX」を聴いて以来、ずっと彼らの音楽を愛しています。2002年はずっと「COMPUTER WORLD」を聴いていました。その年の9月に初めてコンサートに行きました。Cité de la Musiqueというコンサートホールで、既にチケットはソールドアウトで、さらにその頃は全くお金がなかったけど、どうしても見てみたくて現地に行ってアラブ系の人から70ユーロでチケットを買いました。最初100ユーロっていわれたけど、超絶悲しい顔をしたら70まで負けてくれた(それでも正規の2倍だった)。

すでに開演していたので、慌ててホールの中に入ったとたん、その世界に引き込まれました。音と映像のシンクロがすごくて、まだまだ若造だった自分は、とても衝撃をうけました。

あの頃はSONYのVAIO4台でプレイしていました。

そして2004年3月に渋谷AXで行われたコンサートにも運良く行くことができました。新譜のTOUR DE FRANCEのツアーということでアルバムの曲をメインで演奏していました。スペーシーな感じに仕上がっていてとても感動しました。

あの頃は、まだYoutubeもSoundcloudもなくて、ライブの余韻に浸ることなんてできなくて、いわゆる新宿西口の怪しいCDショップでブート盤を買っちゃおうかな~なんてかなり本気で悩んでいたこともありました(でも結局お金なかったのでトリビュート盤買うくらいしかできなかった)

10年近く時が流れて、ようやく「COMPUTER WORLD」な世界観が現実なものになってきたなぁと思いました。

そして、今回の曲のアレンジがかなり今っぽい感じになっていたのも驚きの一つでした。さすがでした。音源欲しいなぁ。

ストーンズのミックジャガーみたいに、まだまだ現役で、長生きしてほしいです。

ちなみに、KRAFTWERKファンの多くが良く「神」とか「参拝」とか「詣で」とかいうことを言っているのですが、これはかつて日本にあった有名なファンサイト「KRAFTWERK神社」から来ているものです。サイトは閉鎖されてしまったのですが、情報量が多くて本当に参考になりました。
ありがとうございました。

 
広告を非表示にする